• みあんご(野原海明)

サイキックリーディングとは?占いとは違うの?

最終更新: 1月11日

こんにちは。サイキックリーダーのみあんごです。


サイキックリーディングって、日本ではまだ耳慣れない言葉だと思います。


「占いの一種?」と聞かれることもよくあります。



「占いは違います!」……って今まで説明していたけれど、最近は「占いって言ってもいいんじゃない?」という気がしてきました。



この記事では、そんなサイキックリーディングについてお話しします。


目次

サイキックリーディングとは?

サイキックって特殊な力なの?

サイキックリーダーとはどんな人?

サイキックリーディングと霊視は違うの?

サイキックリーディングは「占い」なの?

おわりに



サイキックリーディングとは?


サイキックリーディングとは、「サイキック能力を使って読み解く」セッションのこと。


リーディングってつまり、「読み解く」という意味です。


だから、サイキックリーディングをする人のことをサイキックリーダーといいます。


私は、師匠The Rock Girl®(ロックガール)に出逢って初めて「サイキックリーダー」という言葉を聞きました。


そのときは「 超能力のある先導者のこと?」なんて思ってましたが、違うんですね💦


「Leader」(先導者)じゃなくて「Reader」。

サイキック能力を使って「読む人」のことを表します。



サイキックって特殊な力なの?


「サイキック」という言葉はご存じだと思います。日本語で言うと「超能力」。


透視とか、テレパシーとかをイメージするのではないでしょうか。


「能力を超えた能力」と言うくらいだから、普通の人には無い超人的な力だと思われるかもしれません。


でも、そんなことはないのです。


サイキック能力は、どんな人でも普通に持っている力です。



サイキック能力は「直感」とよく似ています。


たとえばお風呂に入っているときに、突然アイデアをひらめいたりしませんか?


「なんとなく」こっちの道を歩いてみようと思ったら、会いたかった人にばったり出会ったりだとか。



自分の頭(表面意識)で考えていることとは無関係に、唐突に流れ込んでくる情報。


私たちはそんな情報を、五感を超えた力でキャッチしています。


それは、第六感。まさに「超能力」と呼べる力です。



サイキックリーダーとはどんな人?


師匠のロックガールは、「直感力」と「サイキック能力」を切り分けて説明します。


直感力 = 自分自身宛ての情報を受け取る力

サイキック能力 = 他者宛ての情報を受け取る力


サイキックリーダーは、誰もが持っている「直感力」を磨き、他者に届いた情報をも受け取る訓練をしています。それがつまりは「サイキック能力」。


その能力を必要なときに発揮できるように鍛え、わかりやすく伝えられる人。

それがサイキックリーダーです。



サイキックリーディングと霊視は違うの?


サイキックリーディングは「霊視」と呼ばれることもあります。


「霊視」っていうと、「幽霊を視ること」と思われがちです。


確かに、幽霊を視ることも霊視と呼ぶと思いますが、「霊=幽霊」とは限りません



「霊」を国語事典で引いてみましょう。


ふむふむ、『小学館精選版日本国語大辞典』によりますと……


れい【霊】 ①肉体に宿って肉体を支配し、また、肉体を離れても存在すると考えられる精神的本体。霊魂。たましい。たま。 ②人知ではかり知ることのできない力のあるもの。目に見えない不思議な働きのあるもの。

霊視の「霊」は、②の「目に見えない不思議な働き」こと。


つまり、幽霊を見るのではなく、「超能力を使って視る」という意味。


そういう意味では、サイキックリーディングと同じものと言えます。



サイキックリーディングは「占い」なの?


「サイキックリーディングは占いじゃないよ」と、最近まで説明してきました。


「占いと一緒にしないで!」という、変なプライドがあったのだと思います。



「占い」のほうがポピュラーでカジュアル。

誰もが知っているし、受ける人も多そう。


だから、嫉妬してマウンティングしたかったのかもしれません。



占いにも、いろいろな種類がありますね。


惑星と星座の配置で占う占星術。

タロットやオラクルカードを使うカードリーディング。

生年月日などの数から占う数秘術などなど……。


占いの多くは古くからの歴史があり、研究が積み重ねられてきています。もはや統計学。


占い師は、積み重ねられたデータを使って分析し、鑑定をするわけです。

でも、それはきっと入り口に過ぎない



占星術であれ、カードリーディングであれ、導き出されたもののそのさらに先を、占い師は見ているはずです。


星の配置やカードの意味だけでは説明できないもの。

それを解釈する力はまさにサイキック能力。


だから、「占い」と「サイキックリーディング」に線を引く必要はないのです。




おわりに


人生は、先のことがわからないから面白い。 でも、ときには「ヒント」が欲しくなりますよね。


私たちは、自分の目で直接自分の顔を見ることはできないし、自分の背中を見ることもできない。

この世界で、いちばん見えづらいのが「自分自身」です。


そんな「自分」を探る手がかりとして、ある人は占星術を選ぶかもしれないし、またある人は手相を見てもらいたいと思うかもしれない。


そんな選択肢のひとつとして、サイキックリーディングがあることも知っていただけたらうれしいです。


🌟みあんご🌟

134回の閲覧
 

お問い合わせ

フォローする

  • Instagram
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
  • Google Places

©2021- by 野原海明 Wix.com で作成されました